池袋第三小学校

2015年、開校して56年目になる前川小学校では、一部の校舎が老朽化のため、取り壊されることとなりました。前川小学校は、学校と保護者、地域が一体となって児童を育んでいくことを目指した、地域との繋がりがとても深い学校です。長年、図工を研究されていた校長先生から、お別れする校舎との思い出づくりの為、ご応募を頂きました。



校舎の思い出ギャラリー

先生インタビュー

長年図工を研究していたので、常に、子供たちがのびのびと表現できるような、自由に思い切り絵を描ける環境はどこかにないか、と考えていました。
そんな時に、本校を建て替えることととなり、この機会をうまく利用して、子供たち自身で何かをできないか、いい企画はないかと探していたところに、このプロジェクトを新聞記事から見つけました。(矢作校長先生)

TopPage