東京都中央区立阪本小学校

明治6年、第一大学区第一中学区第一番小学 阪本学校として開校し、2017年に中央区立阪本小学校は144周年を迎えました。アーティストの指導も受けながら、「阪本小学校をかざろう! ~157本のありがとうの花~」をテーマに、全校生徒、保護者の皆さん一人ひとりが感謝の気持ちをのびのびと表し、お世話になった校舎を花で埋め尽くしました。



校舎の思い出ギャラリー

先生インタビュー

校舎という本来描いてはいけない場所に絵を描くことに対して、子どもたちは最初少し戸惑いがあったかもしれませんが、一度描き始めたらそんなことは忘れて作業に没頭していました。(小川校長先生)

校舎の壁に絵を描くことで形にはなるけれど、取り壊されればなくなってしまう、でも心にはずっと残っていく、そんなプロジェクトがずっと続くと良いと思います。(鴛海先生)

TopPage